スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016秋M3CDレビュー「バッシーとチカ(仮)/ニューロンの宴」。

イベントの時はお仲間さんやご挨拶をさせていただいた方々からCDをいただくことがあります。
毎回それを帰ってから聞くのが結構な楽しみだったりします。

売れ線とか流行ってるからとか、そういうのとは視点がちょっと違う

「やりたいことやってみました」

系の作品は特に面白いです。
そういうのが本当の意味での「インディペンデントな文化」だなぁと感じられるからです。

今回もいろいろとCDをいただいてどれもすごく感じるものがあったのですが、
その中から僭越ながらいくつか感想を書いてみようかなと。
同じことをやっている人間として、作品を作った後にもらえるリアクションってすごく嬉しいですし、
レビューを書くことで誰かがその作品に興味を持つきっかけになればそれはそれでいいかなと。
面白い作品は自作とか他作とかそういうの関係なく、どんどん聞かれて欲しいですしね。

てことでまずはバッシーとチカ(仮)「ニューロンの宴」です。
ニューロンの宴
いきなり身内の宣伝かよ!って感じですが、身内だからこそ
遠慮なく書けることもありますよね(笑)。
いえいえ否定的なことなんか書く気はないですよ。
そういうのがある時は別途「ネガティブ手帳」に書きますから。

で、本作はバッシーがチカさんと一緒に作ったユニットの初作品なのですが、
彼とは付き合いも長いので、彼の好みや引き出しの中身は大体把握している筈。
ふふふ、今回はどの引き出しを開けるのかな…?ってことで聞いてみますと…

衝撃…!

…何から何まで衝撃です…(笑)。いや、確かにこの引き出しも持ってるよね!
持ってるんだけどまさかこう来るとは…!っていうファースト・インプレッション。

サウンド的にはかわいくてポップなシンセサウンドが楽曲を彩る系なんですが、
このスタイルはバッシーが1年に1度必ずやりたくなって、そしてすぐ飽きちゃう音なんです!
音の筈なんです!…が!…
曲を聴き進めていくとどうも前とは違う気配がしてきます…。
もっと地に足がついてるというか、単なるアイディアではなくて、もっとユニットの音として
消化・昇華されてるというか…。

その理由はなんだろう…といろいろ想いを巡らせているうちに、それはチカさんの存在なのでは…?
という気がしてきました。

全て自分が思い通りに自由にできる制作スタイルというのはとても楽しく、
作品が完成した後は達成感や充実感がすごくありますが、そのやり方は言い換えれば、
自分で思いつかないことは何も起こらない、ということでもあります。
それが時には自分内モチベーションの低下やルーティンワークに感じられることから起こる
倦怠感につながってしまうこともクリエイターあるあるでして。

やっと手に入れた「完全なる自由」を放棄してでも、対等な制作パートナーとコラボレーションする
醍醐味はまさにその「不自由さ」が巻き起こす結果にあって、それが作品の色を
いい意味で予測不能なものにしてくれる、そんな新鮮な喜びにあると思うのです。

一聴するとキュートなロリータヴォイスなチカさんの歌声の裏に潜む闇の深さ(ものすごく褒めてますw)がこの作品をバッシーの手の中から飛び出している部分を作っていて、それが前述の「地に足がついてる感」というか「バッシーのソロってだけでは収まりがつかない感」というか、ユニットとしての魅力みたいなものを発酵している気がしました。

ただね、彼の性格からいって今後絶対にサウンドは変わっていくと思うのですよ(笑)。
その時にチカさんの存在がどう作用するのかがほんとに楽しみなユニットだなと。
逆に言えばバッシーがいくらサウンドを変えてもチカさんがいる限り、きっちりユニットの音に
なる気もします。逆にチカさんが変わっていったりするかもしれない(笑)。

これはね、変遷をリアルタイムで楽しむべきユニットではないかなと!
てことで、未聴の方はさっそく聞いてみてくださいよ!と思ったら委託販売はないようなので
冬コミでゲットですね。

ちなみに一番ぐっと来たところはM03「神様はどこにいるのだろう」の歌詞。
この曲のチカさんの歌詞はほんとに素晴らしい。
「いつだって壊したい」ってところを「いつだって殺したい」と空耳してしまって、
勝手に感動していたのは内緒ですが。

てことでそれではまた。

…あれ?ここにもう1枚CDがあるぞ…「Looking Back B vol.1」って書いてあるな…

<続く>
スポンサーサイト

M3終了。

無事終わりました、M3。

2016M3秋

今回の新作はBOG最新作「トライバリスモ」の追加音源とトライバリスモデザインのトートバッグのセットでした。
おかげさまで大好評で前回のトートとほぼ同数が旅立っていきまして。
大半が「トート待ってました!」っていってもらえてとても嬉しかったです。
個人的には「トートバッグはみんなが欲しいはず!」って思い込んでるんですが、
中には「トートいらない派」の人達も当然いるわけです(笑)。
でもそんな人達でも必ず「音源は聞きたいんだよなぁ…」って言ってくださっていて、
それはそれでとても嬉しいことなのですよね。
だって魂を削って作っている本命の「音楽」を求めてくれている訳ですから。
泣く泣く購入を断念していく皆様を見送りつつ、心の中で感謝をしていた私でした。
ちょっとだけ残ったので、冬コミにも持っていこうと思います。

冬コミといえば!無事受かってました。31日西り-01bです。

制作期間も短いですし、どうしようかな…という本音はもちろんありつつも、
新作作って持っていこうと思いますよ!

だって来てくれる人がほぼ全員「時間ないですけど…冬は新作ありますか!?」って聞いてくれるんだもの。
そりゃ作るでしょ!ここで奮起せにゃ音楽家とはいえませんよと!
まぁそれほど時間もないので、ヴォリューム的にはフルアルバムは無理だと思いますが、
ミニアルバム的なものを目指したいと思っていますので、楽しみにしていてください。

あとね、「グッズも楽しめる派」の方々の為に、冬グッズも作ろうかなと思います。
割と軽めなものを考えていますので、こちらもあわせてお楽しみに!!
基本的に自分が欲しくないものは作らないのできっとかっこいいものが出来るはず!
買い逃しキャンペーンもやる予定ですので、地方からお越しの方はこの機会にまとめちゃってくださいw

ではではまた。

いきなり寒くなりましたが、皆様お身体気をつけて!

C90参戦記。

今年も無事終わりました夏の戦場C90。ワイトです毎度どうもです。

後半はかなーり体調を崩しており、まともな受け答えが出来なかった可能性がありまして、
お話した皆様どうもすみません…何卒ご容赦くださいませ…。

ということで今回の頒布物、ブースの模様などをイベントに来られなかった皆様のために
ざっとおさらいいたしますと…

C90_03_2.jpg
左が最新作BOG「トライバリスモ」、右がコミケ初頒布のBandalucia「キアロスクーロ」

でもってsaayaさん渾身のイケメンなイベント用ポスターがこちら。
なんと左右、上下違いでさりげなく2種も!
C90_04_2.jpg

今回は個人的にはかなりの収穫・手ごたえを感じた1日でした。
まずなんといっても買いに来てくださる皆様の出席率(?)の高さ!
大半の方が強力なリピーターと化してくださっております!
声をおかけすると皆さん驚かれるのですが、ほんとにですね、皆さんイベントごとに
必ず来てくださる方が多いのですよ!中には海外からとかも!
なのでこちらも知らず知らずのうちになんとなく覚えてしまうんですよね。
作っている者にとってはこんなに嬉しいことはありません。

そしてその皆さんのサポート力がまたお強い!
「基本姿勢・持ってないものは全部買う!」みたいな感じで、
M3にこれない方はきっちりリリース情報を頭に入れていてくださって、
「キアロ」と「トライバリスモ」を指さして「これとこれください!」率が
高いこと高いこと(笑)。
感涙にむせび泣きつつのご対応になったことは言うまでもありません。

そして過去に出したグッス持ってきてくれる人の多いこと!
C83で作ったBOGオリジナルT-シャツ(試作零号体)を着てきてくださったり、
C87でのトートバッグを持ってきてくださったり。
C90_02C90_01
写真を撮り損ねた方もたくさんいらっしゃいましたが、まぁ有り難いやら
嬉しいやらでもうね…。

あとツイッターをフォローしてくださっていて、いつもRTしてくれる皆様のうち、
ご本人とツイッターアカウント名が遂に一致した!という方も何名かいらっしゃって、
これも嬉しいことの一つでした。
直接「いつもありがとうございます!」って言えるのはやはりいいもんです。
こういうのはまさにイベントならではですよね。
ツイッターアカウントをお持ちで、いつも応援してくださっている皆様!
もしイベントにいらしたらぜひぜひアカウント名教えてください!
めっちゃ喜びます&お礼言いますのでw

そしてそして!今回は、
「子供の頃から好きだったんですが、大人になってやっとイベントこれたんです!」
っていう方が結構たくさんいらっしゃったのです!
中には「小学生の頃から好きでした!」なんて言ってくださった方もいて、
おとうさんもう目幅涙がとまりませんでした…。
継続してきたからこその喜びですねこれはまさに…ありがたやありがたや…。

てことで大変充実したC90だったのですが、お強いご支援を感じるのは
イベントに来てくださっている方からだけではありません!
疲労困憊で帰宅するとなんとなんの告知もしていないにもかかわらず、
もうAmazonで予約してくださっている方が多数いらっしゃって、
発注が入っておりました。

委託第一弾はアマゾン、メロンブックス、あきばお~さんからとなりますが、
今作はお近くの同人ショップなどでも取り扱いいただけるようにできたらと
思っております。こういうご支援が作品を作り続ける力の源になっております!
本当にありがとうございます!
いつかイベントにこれない方々にも会えるように、巡業なども出来たらなぁ…と
夢を描きながらのC90参戦記、でした。

次回のイベント参加は10/30(日)東京流通センターで開催のM3になります。
ぶっちゃけ時間もあまりないのですが、何かしら新アイテムを持っていきたいと
思っていますので、お時間のある方はぜひぜひブースまで遊びに来てください!
お待ちしております!

残り少ない夏を満喫するぞ!と心に誓いつつ、C90参戦記でした。

2016春M3新作「キアロスクーロ feat.Mami Yanagi」。

GWまっただ中ですが、いかがお過ごしでしょうかワイトです。

こちらは無事にM3参加も終了し、一安心といったところ。
ブースに来てくださった皆様、どうもありがとうございました。
今回の新作はBandaluciaの3作目「Chiaroscuro(キアロスクーロ) feat.Mami Yanagi」と
いうことで久々のフィーチャリング、柳麻美さんでございます。

キアロジャケ

いつものセルフライナーは特設ページにて公開中なので、こちらでは違った角度でのお話をば。

まみっことは前々からコラボしたいと思っておりまして、どんな感じがいいかなぁと
いろいろ考えたりはしていたんです。
彼女の魅力が発揮されて、かつこちらの作りたいサウンドはどういうものかなと。
で出来上がったのが本作です。

今までの作品にも参加してもらった経験から、彼女の歌声には何か「深い」ものを
感じておりまして、その「深い」ってのはうまく説明できないのですが、なんか
いろんなものが交じり合って一つの表現となっているというか…。
具体的に例えると結構バカっぽくなっちゃいますがw、大人の女性のような
少年のような、ポジティブなようなネガティブなような、楽しいような悲しいような、
そしてそれが全部交じり合ってるような感じがするんですよねー。
「お前の詞と曲もそんなんばっかじゃん」って言われるとまさにその通りで、
そういう意味では実にありがたい存在な訳ですw。

以前にBOGで作った「タオスプエブロ」ってアルバムに「荒野の霞」って曲がありましてね。
長いファンの方なら「なつかし~」って感じだと思うんですが、そう、真理絵さんが歌ってくれた
曲です。ああいう砂漠っぽい場所をいく、みたいな渇いたサウンドっていうのが
今回の作品のイメージでした。
地と空の境が曖昧で、渾然一体となって宇宙を為す、みたいな感じといいますか…。
なんか砂漠っぽい場所を想像するとすごく宗教的なものを感じてしまうという…。
ネイティブ・アメリカン的体質なんですかねw

今回ももちろん参加してくれている吉野薫さんのギターもすごくいい感じで渇いていて、
その辺の感覚を後押ししてくれております。
早く聞いていただきたいです!ということで委託も開始しておりまして、
現在の委託先はAmazonメロンブックスあきばおーとなっております。
すぐに品薄になってしまうので、ご興味おありの方はぜひぜひお早めに!
どうぞよろしくお願いいたしますー。

それにしても前述のアルバム「タオス・プエブロ」がもう11年前ということに
いま気が付きましたww は、早いですねぇ時が過ぎるのは…。

それではまた。

2015冬制作日誌06:Road to C89 その2

遂にC89初日が幕を上げましたね。
今年は世界中で物騒なことがあって、こういう大きなイベントはどこも大変だと思いますが、
事故なくいって欲しいものです。

BOG/Bandalucia:東3コ-31bは3日目なのであと2日あるわけですが、すでに準備は万端。
いろいろと届いております。
まずはなんといってもイチオシBOG新作「0 [zero]」。
0inbox
無事、工場より届きました。やっぱキレイすな!

で、恒例の目印ポスター。こちらはどどーんと。白が鮮やか。
0_poster

で、C89ニオシのBandalucia新作「アストラル・エンディング」のポスターはというと…

AE_poster

黒いです!沈みこむような黒…。
黒と金ってあいますよね。
当日並べて貼ったら壮観なのでは~なんてひとりニヤけておりますが。
いまから楽しみです!

ではでは。
プロフィール

Wight (ワイト)

Author:Wight (ワイト)
音楽ユニットBarbarian On The GrooveおよびBandalucia/バンダルシア主宰。あわせてBOG/Bandaluciaとして活動中。

プログレを主食に音楽全般をこよなく愛する音楽家風ヒト科。作詞・作曲・編曲からミックス・マスタリング・企画・制作・宣伝=雑用全般を務めます。

その他、Prog、Neo Prog、West Coast系、emo、映画音楽、民族音楽、ECM、70’s 電気Jazz etc 愛好。

70年代ものに目がなく音楽から映画から小説からほぼなんでも好き。洋物和モノ時代を問わず歴史好き。時代劇・戦記物・ファンタジー系・SFまで全方位型索敵機能実装済の為、許容量オーバーで停止することもしばしば。作詞に魂を込める習性有。

BOG・Bandaluciaオフィシャルの追加・裏面情報としてまったりご覧いただければと。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。