FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016秋M3CDレビュー「バッシーとチカ(仮)/ニューロンの宴」。

イベントの時はお仲間さんやご挨拶をさせていただいた方々からCDをいただくことがあります。
毎回それを帰ってから聞くのが結構な楽しみだったりします。

売れ線とか流行ってるからとか、そういうのとは視点がちょっと違う

「やりたいことやってみました」

系の作品は特に面白いです。
そういうのが本当の意味での「インディペンデントな文化」だなぁと感じられるからです。

今回もいろいろとCDをいただいてどれもすごく感じるものがあったのですが、
その中から僭越ながらいくつか感想を書いてみようかなと。
同じことをやっている人間として、作品を作った後にもらえるリアクションってすごく嬉しいですし、
レビューを書くことで誰かがその作品に興味を持つきっかけになればそれはそれでいいかなと。
面白い作品は自作とか他作とかそういうの関係なく、どんどん聞かれて欲しいですしね。

てことでまずはバッシーとチカ(仮)「ニューロンの宴」です。
ニューロンの宴
いきなり身内の宣伝かよ!って感じですが、身内だからこそ
遠慮なく書けることもありますよね(笑)。
いえいえ否定的なことなんか書く気はないですよ。
そういうのがある時は別途「ネガティブ手帳」に書きますから。

で、本作はバッシーがチカさんと一緒に作ったユニットの初作品なのですが、
彼とは付き合いも長いので、彼の好みや引き出しの中身は大体把握している筈。
ふふふ、今回はどの引き出しを開けるのかな…?ってことで聞いてみますと…

衝撃…!

…何から何まで衝撃です…(笑)。いや、確かにこの引き出しも持ってるよね!
持ってるんだけどまさかこう来るとは…!っていうファースト・インプレッション。

サウンド的にはかわいくてポップなシンセサウンドが楽曲を彩る系なんですが、
このスタイルはバッシーが1年に1度必ずやりたくなって、そしてすぐ飽きちゃう音なんです!
音の筈なんです!…が!…
曲を聴き進めていくとどうも前とは違う気配がしてきます…。
もっと地に足がついてるというか、単なるアイディアではなくて、もっとユニットの音として
消化・昇華されてるというか…。

その理由はなんだろう…といろいろ想いを巡らせているうちに、それはチカさんの存在なのでは…?
という気がしてきました。

全て自分が思い通りに自由にできる制作スタイルというのはとても楽しく、
作品が完成した後は達成感や充実感がすごくありますが、そのやり方は言い換えれば、
自分で思いつかないことは何も起こらない、ということでもあります。
それが時には自分内モチベーションの低下やルーティンワークに感じられることから起こる
倦怠感につながってしまうこともクリエイターあるあるでして。

やっと手に入れた「完全なる自由」を放棄してでも、対等な制作パートナーとコラボレーションする
醍醐味はまさにその「不自由さ」が巻き起こす結果にあって、それが作品の色を
いい意味で予測不能なものにしてくれる、そんな新鮮な喜びにあると思うのです。

一聴するとキュートなロリータヴォイスなチカさんの歌声の裏に潜む闇の深さ(ものすごく褒めてますw)がこの作品をバッシーの手の中から飛び出している部分を作っていて、それが前述の「地に足がついてる感」というか「バッシーのソロってだけでは収まりがつかない感」というか、ユニットとしての魅力みたいなものを発酵している気がしました。

ただね、彼の性格からいって今後絶対にサウンドは変わっていくと思うのですよ(笑)。
その時にチカさんの存在がどう作用するのかがほんとに楽しみなユニットだなと。
逆に言えばバッシーがいくらサウンドを変えてもチカさんがいる限り、きっちりユニットの音に
なる気もします。逆にチカさんが変わっていったりするかもしれない(笑)。

これはね、変遷をリアルタイムで楽しむべきユニットではないかなと!
てことで、未聴の方はさっそく聞いてみてくださいよ!と思ったら委託販売はないようなので
冬コミでゲットですね。

ちなみに一番ぐっと来たところはM03「神様はどこにいるのだろう」の歌詞。
この曲のチカさんの歌詞はほんとに素晴らしい。
「いつだって壊したい」ってところを「いつだって殺したい」と空耳してしまって、
勝手に感動していたのは内緒ですが。

てことでそれではまた。

…あれ?ここにもう1枚CDがあるぞ…「Looking Back B vol.1」って書いてあるな…

<続く>

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Wight (ワイト)

Author:Wight (ワイト)
音楽ユニットBarbarian On The GrooveおよびBandalucia/バンダルシア主宰。あわせてBOG/Bandaluciaとして活動中。

プログレを主食に音楽全般をこよなく愛する音楽家風ヒト科。作詞・作曲・編曲からミックス・マスタリング・企画・制作・宣伝=雑用全般を務めます。

その他、Prog、Neo Prog、West Coast系、emo、映画音楽、民族音楽、ECM、70’s 電気Jazz etc 愛好。

70年代ものに目がなく音楽から映画から小説からほぼなんでも好き。洋物和モノ時代を問わず歴史好き。時代劇・戦記物・ファンタジー系・SFまで全方位型索敵機能実装済の為、許容量オーバーで停止することもしばしば。作詞に魂を込める習性有。

BOG・Bandaluciaオフィシャルの追加・裏面情報としてまったりご覧いただければと。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。